キャバクラ嬢は「仕事」である

キャバクラ嬢は稼げます。
これだけ稼げるようなアルバイトは、他にそうないでしょう。
ただ楽して稼げるのかというと、決してそうではありません。
これからキャバクラ嬢になろうとしている人は、「仕事」であることをきちんと認識をしておくことが求められます。
ここでは、そのための心構えをご紹介します。

  京都でキャバクラがある地域はどこ?

 

  マナーを守る

キャバクラという場所は、キャストがお客様をもてなす場所です。
これを逆と勘違いをしている人もいますが、そんなキャバクラ嬢は人気が出ることはありません。
お客様をもてなすためにも、接客に必要なマナーや立ち振る舞いを身に付けることが必要です。
面接では容姿の他に、このマナー面もチェックされます。
特に上質なキャバクラ店ほど、内面も重視しているものです。

仕事をしながら身に付けることもできるとは言え、敬語を使えないなど常識外れのことをしていては見込みなしとして不採用の確率が高まりますので注意しましょう。
礼儀を忘れないというのは、接客の基本にして最も大切な部分です。

  身だしなみには気を配る

身だしなみももちろん重要です。
多くのキャバクラ店では、キャバクラ嬢に向けてドレスのレンタルを行っています。
そうしたドレスを着用するのが悪いというわけではありませんが、店によってはサイズに合ったものがなかったり古いものしかなかったりすることも。
それでは自前でドレスを用意しているキャバクラ嬢に差を付けられてしまいますので、ある程度の期間この仕事を続けるつもりなら購入することをおすすめします。

靴やバッグ、またハンカチなどの小物に関しても安さや古さを感じさせるものは避けるようにしましょう。

  仕事着のドレスについて詳しく知りたいっ!

 

  同僚の良い所は盗む

同僚を参考にするなんて、同じキャバクラ嬢である以上プライドが許さないという人もいるかもしれません。
しかし指名を増やして少しでも上り詰めたいと考えているのなら、良い所はどんどん盗むべきです。

特にその店のトップキャストの接客や立ち振る舞いには、必ずや参考になる部分があるはず。
良い所は盗んで、また場合によってはアレンジして自分のスキルにしていきましょう


  体験入店で売れっ子キャバ嬢のテクニックを盗む!

 

  キャバ嬢は自己投資を惜しまない

キャバクラでは、外見が人気に大きな影響を与えます。
情報総合サイトを見るとわかるように、京都はキャバクラ激戦区の1つです。
そんな京都エリアの店舗で人気を上げていくためには、自分磨きを続ける必要があります

ある程度の収入が入るようになったら、自己投資としてエステやサロンに通うことも検討しましょう。

  自分にあったお店でガンガン稼いで自分磨き!

 

キャバクラ嬢の必須アイテム集!

  アイテムにも拘ろう

キャバクラで活躍をする場面の多い、ハンカチ・ライター・名刺といった持ち物類。
もちろん、京都のキャバクラ嬢においても例外ではありません。

ドレスをキャバクラ嬢の身だしなみの主役とするならば、これらは言わば脇役。
しかしそうした脇役により、差が付くこともあります。
キャバクラという華やかな舞台に相応しい脇役を用意しましょう。

  アイテム①「ハンカチ」

当たり前ではありますが、キャバクラ店内はエアコンが効いています。
汗を掻くこともないのに、接客中にハンカチを取り出す機会なんてあるものなのか、不思議に思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、それがあるんです!

キャバクラ嬢はお客様のグラスを拭く際に、おしぼりを用いてはいけません。
自分が用意したハンカチを使うというキャバクラならではのルールがあるんです。
つまりはお客様に見せるわけですから、何でも良いというわけではありません。

男物のハンカチや、また見るからに安物のハンカチを使用すると興ざめをさせてしまう可能性があります。
カラーはピンクやイエローなどを選び、またノーブランドの安い製品は避けるようにしましょう。

画像出展元:https://www.astyle.jp/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=315410&SACRL3=1504599381832

  アイテム②「ライター」

お客様のたばこに火をつける時に用いるライター。
そんなライターにはプッシュ式・ターボ式・オイル式がありますが、キャバクラ嬢に向いているのは断然プッシュ式です。
その理由は、火をつけるのが最も簡単だから。

なかなかつかなかったり火を強くし過ぎたり、余計な失敗を予防するためにもプッシュ式のライターを選びましょう。
プッシュ式さえ選べばハンカチほどデザインやブランドにこだわる必要はありませんが、凝ったものを選んだ方が印象には残りやすくなるでしょう。

  アイテム③「名刺」

名刺は基本的に、お店の方から用意をしてくれます
お店のイメージに合ったデザインをしているはずなので、基本的にはそれを使えば問題ありません。
自分で用意したものを使っている人もいますが、それはある程度キャバクラで働いてからでも遅くはないでしょう。

キャバクラでは名刺を渡すだけではなく、受け取る時も多々あります。
そんな名刺を財布に入れてしまうのは、少々マナーから逸れてしまうことになります。
そのためキャバクラ嬢として働くのなら、名刺入れも用意しておくことをおすすめします。

あまりに飾り気がない名刺入れだとキャバクラという場所にはやはりそぐわないため、華やかな模様やデコレーションが施された製品を選びましょう。


  必要な持ち物がそろったら面接に行こう!

質問や本記事についてのご感想をください。

[お名前]
[評価]
[コメント]※必須



【スポンサーリンク】